火水流整体術初傳:押圧・伸張整体1年コースのご案内

火水流整体術初傳:押圧・伸張整体1年コース(全10回)

 

対象の皆さま:

・改善施療や治療系整体を初めて学ばれる方

・他人の体に施療やリラクゼーション目的で触れたり検査の経験の無い方

・リフレクソロジー(足部反射療法・足つぼ・足揉みなども含む)や足圧や点穴などの施療経験はお持ちだが、全身押圧とストレッチ、あるいはそのどちらかの経験が無い方

・運動指導の経験はお持ちだが、部位ごとに異なる幅広い押圧のテクニックや個別の筋肉とその中で遠位部や近位部の伸ばし分けのストレッチを学ばれたい方

・すでにもみほぐし整体やリラクゼーションマッサージの経験者で、独立開業して治療系の整体も行いたいとお考えの方

・押圧とストレッチで腰痛と肩こりを改善させる具体的な技術と組み合わせを身に付けたい方

*当院のコースは基本的に個人セミナーですので、すでにお持ちの知識や施療技術内容や実際のご経験をお知らせいただければ、細かい内容の追加・変更が可能となっております。ご希望やご相談は随時承っております。

 

内容:

2種類のゆるめの技法である、押圧ストレッチを学び、その2種類の効果的な組み合わせ方もふくめ実践で使えるレベルの技法群を身に付ける。

それらを適切、的確に用いて、一般的な肩こりと腰痛、そして背中からお尻、そして脚全体の張りやだるさを改善できる技術レベルにまで達するのが最低レベルの条件。

とくに腰痛と肩こりの改善施療技術としては、秘伝的な技術*をふくめ、とても高度なテクニック群とその組み合わせ方法を身に付けていただけます。

*ストレッチの高度な理論にもとづいた押圧法のため見た目は押圧なのに実際にはストレッチであったり、押圧とストレッチの融合のような当院オリジナルの技術もございますし、他の流派やスタイルでは、いわゆる秘伝技法と呼ばれていた手法やかつては内弟子にしか教授されなかった裏技も含まれております。


そのうえで、お客さまに改善した状態を維持していただくための、効果が高いセルフストレッチと問題個所をピンポイントで狙って行うセルフエクササイズも最後の2日間では時間をかけてじっくりとマスターしていただきます。

記事用セミナーテキスト一例(逆さエクサ)01.jpgお客さまを改善させても、自分自身が調子悪くなってしまっては元も子もないどころか、施療者の恥であるという火水流整体術院の考えにもとづき、≪体の作りを熟知していないと危険なためお客さまへの指導には使えないが、効果は院長の実体験でも確証されている、整体臨床技術をセルフケアに応用して作り上げた効果がひじょうに高いセルフケア技術≫もふくめて完全ご指導申し上げます。

また、押圧やストレッチを安全、かつ最大の効果を引き出しながら行うために必要な、学んだ直後から実戦(=実践)に使える解剖学を学んでいただく予定。

あわせて、ご自身で解剖学を独学で学ぶために必要な基本をもご教授申し上げる予定となっております。

当院の押圧とは、

お体のてっぺんからつま先までを細かく押すことで筋肉の緊張と神経の緊張をゆるめる押圧の技術

肩こりの肩、肩甲骨まわり、首、頭、背中、腰、お尻、太もも、ふくらはぎ、足の順で、うつ伏せでの施療がメインとなりますが、あお向けや横向きでより効果的になゆるめや腰痛・坐骨神経痛・肩こり・頭痛への改善療法も含まれている点がつうじょうのリラクゼーション技法やもみほぐし整体とは異なる点です。

*火水流整体術の押圧とは、前腕の肘寄り、肘、肘頭、手の付け根:親指側&小指側、四指の手のひら側と指の先、親指先端(指圧とはまったく違うもの)、膝のすぐ下の部分、足の土踏まず、足の指の付け根全体や特定の指の付け根部分、踵(かかと)などを中心に用いて、押したり、押したままずらしたりと押圧する体の部位とその状態によりこまかく使い分けをいたします。

ちなみに、手の親指やその関節を痛くしたり壊したりすることがない押し方のノウハウがつめこまれている押し方の技術集合体を意味します。

危険な部分を安全に強く押したり、ゆるめたり、通常の方法では歯が立たない筋肉の力が抜けなくて骨のようにかたくなっている部分を効果的に押してゆるめる手法など、他のスタイルや流派では裏技や秘伝として扱われていた押圧技術も多く含まれております。

 

筋肉や骨以外のやわらかい組織がゆるむのはもちろんですが、自律神経へも影響を与えるため、お体はもちろんですが精神面の深いリラクゼーション状態に入られると皆さま驚かれます。

 

当コースで学ばれる技術体系の一部を利用すれば、筋肉へのアプローチを通じて自律神経の調整を行うことで、いわゆるストレス解消のために特化した施療も可能となります。。

 

当院の施療後のリラクゼーションコースでは、“時差ぼけ”の修正や“眠りが浅いため長時間寝ても「寝た気がしない」とか常に“睡眠不足”の解消目的で、この押圧をご依頼いただくお客さまもいらっしゃいます。

 

職業柄「心労が重なり眠りが浅くて困っている。朝起きても寝た気がしない。何とか身も心もリラックスして眠りたい」からとこのコースをお望みになられたお客さまもいらっしゃいました。

 

当院のストレッチとは:

記事用左腸肋筋のIDS体側より1.jpg火水流整体術院の基本である≪悪い所だけを狙って伸ばす≫という考えをご理解いただいただいたうえで多くの種類のストレッチを学んでいただきます。

≪良いところも悪いところもどうじに伸ばすと、良いところだけ伸びて悪いところはそのまま≫≪筋肉の中でのアンバランスがよりひどくなってしまう≫からなのです。


問題のある部分だけを伸ばすストレッチの方法にふくまれるものは、火水流整体術院の施療で使用されている、個別の筋肉を狙ったすべてのスタティックストレッチング経絡(けいらく)ストレッチングのすべて。

そして、ダイレクトストレッチングコンプレッションストレッチングの基本技法のすべても身に付けていただくことになります。

記事用斜角筋への施療1.jpgまた、火水流整体術の中傳脊髄反射療法コースで学んでいただいている脊髄反射(せきずいはんしゃ)の第一段階でもある、安全で簡単な力抜きを活用したレジスタンスストレッチングも学んでいただきます。

これら3種類の特殊で高い効果を引き出すのがなかなかむずかしいストレッチングの具体的なこまかい使用法により、力が抜けないとお困りのお客さまや症状がもっと悪化して力を入れているつもりはないのに無意識のうちにいつも力をいれつづけているというお客さまにも改善効果をご提供申し上げられるようになるのです。

また、“内容”のところでもうしあげた“ご自身のセルフケア”の中には、アクティブストレッチングのていねいな指導もふくまれております。

 

以上、当コースについてご説明を申し上げてまいりましたが、お時間の取れる方には時間的にも金額的にもひじょうにお得で、余裕をもってゆったりと学べるコースとさせていただいております。

 

実践的で改善効果をそくざに提供できる、火水流整体術院の施療技術をトータルで学んでいただければと思います。

 

ご注意!

リラクゼーション施設で働かれるためにこのコースで学ばれることはおすすめできません。

あくまでも、ゆるめることで体の不具合や問題点を解消し、お体の状態の完全改善をできるだけ短期間、できれば1回の施療で目指すための技法群ですので、押圧やストレッチを受けている間の気持ち良さとリラックスのみをお求めのお客さまには適していない技法もひじょうに多く含まれているためです。

 

 

受講料金

各コースの受講料金は参加ご希望の皆さまおひとりおひとりで個別にお問い合わせください。

参考のための目安を申し上げると、個人セミナーのばあい、教授時間1時間1万円となり、そこに1日あたり1〜2時間の無料実技復習が加わります。

当コースの標準的教授内容のばあい、標準的な目安の受講費より低く40万円と大変お得に設定させていただいております。

複数割引:

複数の人数でいっしょにお受けいただく場合には人数により割引がございますが、その割合はコースと人数により異なります。

ですが、セミナーのテーマに付いては、火水流整体術院の技術と理論のすべてを隠すことなくご教授申し上げるだけでなく、学んだことすべてを身に付けていただきたいので、セミナーには上限人数を設け、個人ではない場合でもきわめて少人数と制限させていただくことをご了承ください。

再受講に付いて:

今までのところ個人セミナーや少人数のセミナーの参加者の方で再受講という方はいらっしゃいませんでしたが、再受講は個人指導の2時間単位で、1回の施療(現在、12,000円)とをお受けいただくのとほぼ同じと、お得なな再受講料金を設定させていただいており、当セミナー受講修了より1年間承っております。

 

コースに付いての詳しいご質問や内容の変更のご希望につきましては、当院までご連絡いただければと思います。

 

⇒ お問合せ、ご相談はこちらへ

⇒ セミナーのお申込みはこちらから

⇒ 他のセミナーに付いてはこちらへ


▲このページのトップに戻る