当院の施療向きの方とは? 目次

当院の施療向きの方とは?‐目次

どのような症状の腰痛と肩こりのお客さまや当院の柔軟性向上(じゅうなんせいこうじょう:体をより軟らかくしたい)の皆さまが火水流整体術院の施療や指導にたいし、大きな驚きとともにご満足をいただいているかお伝え申し上げます。


火水流整体術院の施療向きの肩こりとは? 「ひどい肩こりが完全改善するうえ、日々の簡単なエクサだけで再発もないとの話を聴くが、実際にどれほどひどい症状が改善したのか?」
また、「火水流整体術院の施療方針や具体的な施療法のどこが他の治療院や施療院と異なるのか?」などのご疑問にたいし具体的に本音でお答え申し上げております。
腰痛全体の85%以上と大部分をしめるのに原因がレントゲンで写らない非特異的腰痛(ひとくいてきようつう)でお悩みの皆さまへのお知らせ 最近少しづつ、テレビの健康番組や健康雑誌などで目にするケースが増えてきた非特異性腰痛という意味が分からない言葉が一般的となってきた。驚くことに、これが腰痛全体の85%以上をしめると言われている。他の治療院や整体院などで完全改善、場合によってはまったく改善効果が感じられなかったにもかかわらず、最後の最後にダメ元で受けていただいた当院の施療により完全改善したとお喜びのお客様方の腰痛のほとんどは、実はこのタイプの腰痛であった。その主要な3つのタイプの説明とどのような症状がこれに当てはまるか、つまりあなたのひどい腰痛が火水流整体術院で改善可能かどうかお分かりいただける記事となっている。
火水流整体術院の施療向きの腰痛とは?−T:ぎっくり腰の後遺症や坐骨神経痛が当院施療のきっかけ
 当院には≪20年から30年以上の長い間、慢性腰痛とだましだまし付き合ってきたが、ある時急激に悪化し回復せずに悪い状態のままが普通になってしまった≫というお客様がひじょうに多い。骨盤や骨盤と腰の骨のつなぎ目やお尻など、痛みの発生部位は様々でも当院施療のきっかけはぎっくり腰の後遺症と坐骨神経痛がほとんどである。
火水流整体術院の施療向きの腰痛とは?−U:お客さまが腰痛でお困りだった具体的な症状例 腰痛には多くのタイプがあるが、その症状ということで言えば、代表的なものや共通するものは数々存在する。それらの数々を紹介し、日々痛みをだましだまし生活するうちに最悪レベルにまで悪化してしまう過程で誰もが通過せざるを得ない、いくつかの典型的な悪化の段階をも詳解している。 
火水流整体術院の施療向きの腰痛とは?−V:当院の腰痛施療お奨めする理由と院長の最悪な腰痛体験
当院院長が腰痛の最悪レベルまでたどった道のご紹介と仕事を止めてまで専念した自力でのセルフケアの過程にて体得・修正・改善した腰痛完全改善のための2大療法。体験したすべてのお客さまが不思議だ奇跡だと喜んでくださった施療技術の説明。一瞬にして“力が抜けなくなったりかたいままゆるまない体を一気に軟(やわ)らかく”できて、“骨盤や腰の骨の歪(ゆが)みや関節の動きにくさと小ささを解消し最悪レベルの腰痛を改善”できるのかのなぜがここに。
当院の柔軟(じゅうなん)指導や股割り指導が効果を発揮するお客さまとは?−T:体の軟(やわ)らかさに伸び悩んでいらっしゃる皆さま すでにスポーツ系のストレッチや柔軟性向上のためのトレーニング法には詳しいしその実践も長年行ってきた。でも最近以前のように柔軟性が向上しなくなってきたと文字通り≪伸び悩んで≫いらっしゃる、プロのダンサーやパフォーマーや表現スポーツの選手や指導者の皆さま方に向けた火水流整体術院の≪すでに軟らかい方をもっと軟らかくする施療・指導≫のご説明。
当院の柔軟(じゅうなん)指導や股割り指導が効果を発揮するお客さまとは?−U:体の硬(かた)さに自信のある方!? ≪人よりもずっと体が硬い≫や≪生まれつき体が硬い≫というのは間違った思い込み。ストレッチが苦手なのは知らず知らずのうちに自分自身で力を入れる癖が付いてしまっためだし、脱力できないまま必死で伸ばそうと頑張ることになる。その結果、伸びる代わりに疲れてしまう。そのような苦労の挙句ストレッチが嫌いになった方々にお読みいただきたい≪「ご自身の体の硬さには自信がある!?」とおっしゃる方々に向けた施療・指導≫のご説明。



▲このページのトップに戻る