肩甲骨のこりとぎっくり腰からの慢性腰痛

肩甲骨のこりとぎっくり腰からの慢性腰痛−HS様(女性65歳 主婦 散歩)

私は数年前にギックリ腰を患い、その後長い間腰の痛みに悩まされていました。

又1年半前から肩甲骨のこりと痛みがひどく、最近は日常生活にも支障をきたす状態でした。

いろいろな施設(病院・治療院・施療院等々)に通いましたが、あまり効果は無く、わらをも掴む気持ちで水越先生に診ていただきました。

先生の整体術を受けて2回目位で背甲骨のこりと痛みが消え、心も体も楽になりました。

現在は先生からご指導していただいたストレッチを中心に毎日行っています。

もちろん、筋肉を健康的に増やすエクササイズもきちんと実施しています。

これも全て先生に出会えたおかげと感謝しています。これからも身心共に、若さを保つように朝晩のストレッチとエクササイズを楽しみながら続けていきます。

  

院長似顔絵火水流《院長のひとこと》
初回のチェックのときには「肩甲骨のどこかに痛みを感じる」としかお分かりにならなかったようです。具体的にどの点、あるいはどのせまい範囲に痛み、不快感、動かしにくさ、強いだるさ等々の問題点があるか特定できないほど片方の肩甲骨を中心とした広い範囲に問題を抱えていらっしゃいました。ですが、神経障害はお持ちではありませんでした。

第1回目では初回特別コースをご指定だったので『翌日にお体が痛くなることはないけれども、強い疲労感を午前中に感じ、午後以降はすっきりなさること』をお伝えしてご納得いただいた上で、3時間ほど連続で動作チェックで問題があった全ての関節と筋肉に対する処置を実施申し上げました。

関節内部機能回復調整法と2種類の特殊なストレッチングを用いていくつかの筋肉の中にあった硬いポイントを点単位で解消し、最後に別の2種類のストレッチングにより問題があった筋肉全てを個別に再度伸ばしなおしたのでした。

ご自身のお体の大きな変化を通し『改善しない痛みではない』ことを十分にご理解いただきました。

第2回目は肩こりのポイントと場所が数ヶ所に限定され、またその痛みなどの種類も具体的に感じるようになられていたため、ほんの15分程度で多少の揺り戻しの問題は完全改善。続けて、ぎっくり腰の後遺症によるしつこい腰痛にたいして関節内部機能回復調整法と数種類のストレッチングを実施いたしました。

スマートな体型ではいらっしゃいましたが、お体の問題はまだ、摂食障害やメンタル面の問題まで進んでいらっしゃいませんでしたので、わずか2回の施療と問題ヶ所にたいするストレッチングを毎日ご自身でおこなっていただくことで強い痛みとひどい不快感の痛み改善は完了。肩こりと腰痛をご自身でコントロールできる確信を持たれるまで、わずか1週間弱の期間で十分だったのです。

第3回目からの施療目的は、その痛みもだるさや強いこり感やそれにともなう倦怠感が無い状態をキープする点。インナーマッスルを含めて“質の良い”筋肉を付けていただくために日々のエクササイズプログラムを作成し行なっていただきました。

体全体の筋肉を連動させながら収縮させるハードなものでしたが、毎日まじめに頑張っていただいたおかげで、2週間後には筋肉が付き始めたことが外観からもはっきりと確認できた次第です。

また、全身の血行促進によりお顔の血色が良くなり、元々年齢よりもずっとお若いうえとても落ち着いた感じだった印象が、私よりも年下で通る見た目と快活さを取り戻されたため、元々の健康な状態でのお姿を存じ上げない私はとても驚かされました。

この記事が記されている時点で、週に2回のペースで4回、その後は1週間半後に1回の施療をお受けいただいております。この先はお体のメンテナンスとエクササイズ&ストレッチングの復習のため、できれば後数回、月に1回のペースで指導の比率が高い施療をお受けいただくようおすすめ申し上げたところです。

→“肩甲骨の内側のコリが原因で生じる肩こり、首のこりと痛み、そして頭痛”はこちらへ
→“手術後に生じた肩こり、首こり、頭痛、腕の動きの悪さの改善の具体的な手法は?”はこちらへ
→“肩の痛みと動作不良”はこちらへ
→“軽い肩こり解消法”はこちら

→“頑固な肩こり解消法”はこちら
→“しつこいギックリ腰の後遺症”はこちらへ
→“ぎっくり腰の直後に施療を受けて”はこちらへ
→ その他の施療体験談はこちらへ

→ お問合せはこちらへ

 

 

▲このページのトップに戻る