しつこいギックリ腰の後遺症

しつこいギックリ腰の後遺症−MY様(40歳 男性 公務員 武道&中国拳法修行者)

最初の異変は小さなものでした。オフィスで紙媒体の資料がいっぱいに詰まったダンボールを持ち上げようとした時、一瞬、腰に違和感を感じたていど。話に聞いていたギックリ腰のような激痛もなくその日は歩いて家に帰りました。

ところが翌日に出勤するべく立ち上がろうとしたとき、腰にいやな感じの痛みが走ったのです。

「非常に程度の軽い」ギックリ腰とでも言うのでしょうか? 上半身を前に倒してみると激しい痛みがでたので、怖くなり近所の整形外科へ駆け込みました。

「椎間板変性だけど、1〜2週間安静にしていれば治るよ」との言葉をもらい、素直に腰にコルセットを巻いまま2週間の安静。治るどころか痛みは耐えがたいレベルにまで悪化していました。

『安静にしていた』とはコルセットのせいで「激しい運動は出来なかった」だけで、運動は続けていました。同じ整形外科に行って怒られたくはなかったのですが、強い恐怖感に襲われていました。初診時に「無理すると椎間板ヘルニアになる」と脅されていましたので。

先生には10年以上もお会いしていませんでしたが、道場で武術の指導を受けている頃から、副業で整体師として活動なさっており評判が良かったことを思い出したのです。あの水越先生ならば何とかしてくださるはずだと考えました。

施療を受けると、「一瞬にして痛みは嘘のように軽減し、恐ろしくて出来なかった体前屈が腰を傷める前よりも深くできるようになった」のです。
とにかく驚きました。関節技を一瞬できめられるのだから、一瞬で治せてもあたりまえかも知れませんが。

そのうえ、『この腰痛の原因は、骨盤の歪みにある』こと。『ふだんから体の間違った使い方をしていたために骨盤が歪んでいた。その状態で重い物を持ったことが直接の引き金となり、今回の腰痛を引き起こした』ということを、素人(しろうと)の私にも理解できるよう骨格の模型を使い、ていねいに説明してくださったのです。

しかも、その場での施療のみならず、再発防止のために自分自身で行えるリハビリの体操までご指導くださいました。

毎日続けているせいか、もう腰の痛みはありません。完全に消えてしまったのです。

「うちのリハビリは平日だけ、来るなら平日に」と私が通えないのを承知で言い放った某整形外科の先生とは大違い。

『1日数分間だけ自分でケアする事で、より早く改善し、かつ再発防止にもつながる』という先生の指導方法は、私にとって非常にありがたいものでした。

今では腰を傷める以前と同じ状態に戻れ、ふつうに稽古もできるようになっています。水越先生、本当にありがとうございました。

院長似顔絵火水流《院長のひとこと》
ぎっくり腰のまま、腰部を広く固定するコルセットを付けて日本武道と中国武術の稽古を続けていたため悪化したと考えていらっしゃったようでした。
こまかい動作チェックや骨の配列を調べさせていただくと『骨盤が前に傾きすぎていたうえ、両脚をそろえて立っているのに骨盤の片方は前に、もう一方は後ろへと縦方向に捻じれている状態』でした。骨盤に生じていた3つの方向への歪(ひず)みを矯正すると、骨盤と腰の骨の間に感じていた鋭くて強い痛みはほぼ完全に改善したとのこと。また、後ろへ反れなかったのが大きく反れるようになったことは目視でじゅうぶんに確認できました。
残っている痛みがあるかしつこくおたずねすると、今までは感じなかった腰の上の方に重く鈍い痛みがあるとのお返事。それも、5つの腰の骨で作られている4つの関節内部でそれぞれの骨の動ける範囲を広げると、もう大丈夫だと喜ばれていらっしゃいました。

関節内部機能回復調整法だけで、ほぼ改善したケースだったと記憶しております。
ほんの少しだけ残っているかいないか分からない程度の違和感は、4つ異なる腰の筋肉を異なる方法でストレッチングすることにより完全に改善したとのことでした。

私がご指導申し上げた特殊な体操とストレッチングは、詳細に渡ってメモされ、それを毎日欠かさずに実行なさっていらっしゃるご努力によるものでしょう。いわゆる“揺り戻し”もなく、現在に至られていらっしゃいます。
やはり、施療を受けた状態をご自身が毎日5〜10分かけたセルフケアで体に再教育してくださったのが勝因だったのではないかと考えている次第です。

腰痛以外の問題で、合計3回施療を受けていただいたので、その度ごとに腰のチェックと軽く調整を行いましたが、2回目は念の為にかるく筋肉の調整を行っただけで、3回目はチェックだけで腰の施療は実施しなかったと記憶いたしております。

武道やスポーツを行っていらっしゃる方々のご努力とその取り組むご姿勢には、セルフケアの重要性を再認識させられるばかりです。こちらこそ、ありがとうございました。

このお客さまのように、ぎっくり腰が完全には良くならないとおっしゃる方。ある程度まで良くなったのに、ふつうの状態までは戻らない。仕方ないので、腰に違和感や軽い痛みを抱えたまま我慢して生活している皆さま。
今のうちに完全にぎっくり腰の後遺症を改善してみませんか。これが原因で数年後にひどい腰痛でお困りになる可能性はとても高いのです。

数日前のぎっくり腰や数週間前のぎっくり腰の影響でお悩みの方。ぜひとも、火水流整体術院へとお問合せください。

→ お問合せはこちらへ

戻る__sozai__/0001919.jpg

▲このページのトップに戻る