腰の激痛を2回で原因まで解消してくださり以来再発無し

腰の激痛を2回で原因まで解消してくださり以来再発無し−CK様(47歳女性 会社員経理事務 2万歩のウォーキングを週2回)


腰の右側全体がだるい感じだったのが、わずか2日半の間にだんだんと強い痛みに変わって来ました。

3日目には動くたびに痛くなり職場で歩き方が何か変だと言われるようになったのです。

最後には1時間ごとに痛みがひどくなり、それにつれ自分がどうなってしまうのかという恐怖感が強くなりパニック状態寸前に。

以前、片頭痛*を治していただいた火水流整体術院の先生に直接Cメール(註 au社のショートメールメッセージのこと)で施療をお願いしました。

*多くのお客さまで同じ経験をさせていただいておりますが、実際には片頭痛ではなく肩こり・首こり・肩甲骨周りの強すぎる張り(?)と緊張がとけなくなったためによる≪ひどすぎる緊張性頭痛≫でした。

背中からお尻までを触れてチェックしてから、「痛みを感じたら無理せず、ただちにストップし痛みの位置とどんな痛みか教えてください」と言われ、立った状態と寝た状態などで10種類ぐらいの動きのテストを受けました。

そこまでは時間が長く感じましたが、施療に入るとたちまち治してくだっさったのです。

先生によれば、最初に骨盤と腰の骨の動きを良くしてくれたそうです。

腰の激痛は消えたのですが、同じところににぶい痛みというか引っかかりというか、かたいものが腰の右側だけに張り付いているような感覚が出てきたのと右のお尻の後ろと横の腰に近いところが非常にだるくなったのです。

そのくらいならば、翌日から出勤はできるとお伝えしたのですが、その症状は筋肉の緊張を解消すれば消えるとおっしゃり、場所ごとに先ほどとはまったく違った方法をいくつも使って嫌な感じがするのをすべて解消してくださいました。

先生が「落ち着いて、体の別の場所に痛みやだるさや違和感など変わった感じはありませんか?」とたずねてくださいました。

でも、終電の時間がせまっていたこともあり、腰とかお尻ではなく背中の真ん中辺りに張りというか突っ張り感というのか少し変な感覚があったのですが、たぶん今回の腰の件とは無関係だろうと思い、背中部分のチェックはお願いせずお帰りいただいてしまったのです。

少し気になったので、ご報告だけでもと思い、もう一度Cメールで背中のことを申し上げたら、私の事情を考慮下さり施療時間外の翌日の午前中早くにまた来てくださいました。

なぜか腰には1分ほどさっと触れただけで、背中の骨と筋肉を1時間ほどかけて検査と施療していただいただけで完全に良くなったのでした。

その日の仕事中から今までにないほど首からお尻まで広い河が流れているような感じがするほどすっきりし、3週間経った今でも腰痛どころか全身が軽くなった状態がつづいています。

年度末ということもあり、ほぼ一日中座りっぱなしの同じ姿勢でPC作業ばかりですし、唯一の運動になっている早足でのウォーキングもできない状態なのに夜もぐっすりと眠れています。

初めて腰痛の施療をしていただきましたが、期待以上の結果に驚きつつもとても感謝しております。

お時間的に色々とお気遣いもいただき、ほんとうにありがとうございました。

何かありましたらすぐに連絡させていただきますが、今後ともよろしくお願いいたします。

 

院長似顔絵火水流≪院長のひとこと≫

最初にショートメールをいただいたとき頭をよぎったのは、ぎっくり腰の可能性。

もしなったばかりならば、当院でもできることは限られてしまう。

翌日から丸5日間は忙しくてどうしても仕事場まで出なければならないのでその日の夜、できるだけ遅くにお願いしたいとのご連絡。

切羽詰まった状況が感じられたメールだったので慌てて電話で症状に付いておたずねしたところ、慢性腰痛の悪化*だと判断できたのでその日の深夜、施療にうかがいました。

*当院では「基本的には、ぎっくり腰の直後から症状が落ち着くまでの間、最低でも1日半の間の施療はお受けしておりません」。基本的には、病院での診断を受けていただきその後一時的なひどい状況がなくなった、いわゆる“ぎっくり腰の後遺症”と呼んでいる症状がでてから施療をさせていただき高い評価をたまわってまいりました。

最近、デスクワークを長年つづけてこられた皆さまにひじょうに多いケースというか、10年〜30年とほぼ座りっぱなしでお仕事をなさってこられた方々に多い典型的な症状ですので、今回の2回の施療の内容をかんたんにご説明申し上げます。

そのまま状態をチェックさせていただくと、一番強く痛みを訴えられた右腰の全体がガチガチに張っていました。

明らかに、無意識のうちにご自分で力を入れ続け、その力が抜けなくなってしまった状態。

初日は、動作チェックで分かった骨盤(こつばん)の動きの悪い関節の動きと骨盤のゆがみの順で元に戻しました。

つづけて、骨盤の中の関節と腰椎(ようつい:腰の骨)の動きを改善したところで80%の痛みは消え、少し痛いがふつうに動けるようになったとおっしゃる。

ここまでは、関節内部機能回復調整法をメインに使用しましたが、残りの20%の改善のためには、脊髄反射療法(せきずいはんしゃりょうほう) 経絡(けいらく)ストレッチングをふくめ数種類の違ったストレッチングを組み合わせて施療させていただきました。

ここで完全に良くなったとおっしゃったのですが、翌日にはこの腰痛の原因だったと思われる部分である背中の下3分の1にもわたる広い部分で、胸椎(きょうつい:背骨の胸の後ろの部分の骨)のすぐ右横のところが痛くなってしまったとのことで、再びご自宅へとうかがいました。

時間があまりないとのことだったので、関節内部機能回復調整法を実施後に、ダイナミック・ストレッチングときわめて狭い範囲をねらったストレッチングを組み合わせ、問題のあった骨のまわりのかたくなっていた筋肉をゆるめさせていただいたのでした。

腰痛の原因が胸の骨の動きの悪さが原因だったというケースは、当院のお客さまにも多くいらっしゃいます。

そのほとんどが、運動選手やパフォーマー、そしてプロドライバーやパイロットの方だと想像なさるかもしれませんが、実際にはデスクワークを数十年つづけてこられた方の方が比較にならないほど多くいらっしゃいました。

これをお読みの方で腰痛がつづき、治療や施術を受けると良くなるが、少し経つと再発しているという皆さま、いちど当院までご相談いただければと思います。

 

→ お問合せはこちらへ

→ 背中と肩に原因があった腰痛

→ 当院の施療体験談はこちらへ

 

▲このページのトップに戻る