骨盤の歪(ゆが)み解消・改善コースのご案内

骨盤の歪(ゆが)み解消・改善コースのご案内

 

骨盤の歪(ゆが)み解消・改善コース(1日:合計7時間ていど)

対象となる皆さま:

 基本的に、お客さまやクライアントさまに対して施療や施術の経験をすでにお持ちのセラピスト、施療家、施術窩、治療家の先生方となります。

・リラクゼーション系、スポーツ系、治療系などの分野を問わず、押圧とストレッチの両方の技術によりお客さまのお体をゆるめる技能をお持ちの方、あるいはそのどちらか一方の技術をお持ちの方で、もっともケースが多いタイプの骨盤の歪みを解消・改善する技術を学ばれたい方

・骨盤の矯正(きょうせい)、調整(ちょうせい)、アジャストなどと一般に呼ばれている施療方法を、異なる系統や別のスタイルの代表的な技法を一度にまとめて比較しながらマスターなさりたい方

・骨盤の歪みと称されている症状とは、物理的にどうなっている状態であり、それがどうして生じ、なぜそのように調整するか、お客さまへのセルフケアの指導法までまとめて身に付けたい方

火水流整体術初傳:押圧・伸張整体1年コースの修了者の皆さま*1

腰痛・坐骨神経痛・股関節の問題解消コースの修了者の皆さま*2

火水流整体術中傳・奥傳:関節内部機能回復調整法・脊髄反射1年コースを修了の皆さま*3

*1火水流整体術中傳・奥傳へと進まれずに、当コースで学ばれる場合には受講割引がございます。

*2 他のスタイルの研究という補講的な意味合いのため受講割引がございます。

*3 中傳・奥傳コースの復習コースの内容の一部の復習コースとしての扱いですので、さらにお得な受講費の設定となっております。

 

内容:

記事用SIAT.jpg明治期に生まれ現在まで発展してきた日本の伝統整体において、まだ仙腸関節の重要性がまるで理解されていなかった時代からある時期までの期間、骨盤の歪みのなかでもっとも代表的な症状に対して考案されてきた様々な技術をその理論も合わせて身に付けていただきます。

一言で申し上げるなら、従来の整体では≪左右で脚の長さが違っている≫と言われることが多かった、もっとも一般的というか一番多いタイプの≪骨盤の歪み≫に対する改善技術をマスターしていただくセミナーということになります。

具体的には、骨盤の両側にせり出ている骨である寛骨が真ん中にひとつある仙骨という短い鉛筆型の仙骨に対して前後に回っている歪(ひず・ゆが)みを改善する8種類の異なる方法をご教授申し上げ、最後にそのバランスの取れた状態を維持するためにお客さまへとご指導申し上げるセルフエクササイズもマスターしていただくプログラム。

⇒ 当コースで対象となる骨盤の歪(ゆが)みに付いてはこちらをご参照ください

技法のスタイルは8種類、数え方によっては9種類となるだけでなく、施療に必要な時間も1分弱から30分まで大幅な違いがございます。

ひとつひとつが異なる独自のスタイルである手法をあえて分類して紹介させていただくならば、

・股関節の操作による手法2種類

・殿部の左右で異なる筋肉を押圧でゆるめる手法2種類

・左右で異なる筋肉へのストレッチでゆるめる手法1種類

・左右で異なる筋肉を緊張させて短縮させる手法1種類

・仙腸関節の特定の方向の緊張を解消する手法1種類

・現在15年ほど使い続けている関節内部機能回復調整法の手法1種類

+お客さまへの指導用のセルフケア

となります。

 

記事用HPDRA2.jpg現在当院で使用していない調整法や矯正法も、整体開始以来40年の施療期間において当院のお客さまの症状を実際に改善へと導かせていただいてきた技法群ですし、現在でもその効果や考え方に間違いはなかったと自負いたしております。

それらの技法を用いていない理由は、時間がかかりすぎる点と施療効果の持続時間の2点であり、決してその改善効果自体に疑いがあるためではございません。

有体に申し上げるならば、当セミナーでご教授申し上げる手法は暗示効果とは無関係。

物理的に効果を出せるだけではなく、理論的な裏付けも可能な技法だけをこのコース用に選択しておりますのでご安心ください。

参加者の皆さまには、各技法のメリットとデメリットに関して私の長年の臨床体験から得た個人的な意見をその理由も含めて隠さずに率直にお伝えいたします。

これらの技法はすべてが現在でもふつうに幅広く使用されているものですので何らかの誤解が生じるとご迷惑をおかけすることになります。

奥歯に物の挟まったような表現をお許しいただければと思います。

皆さまがもっとも知りたい情報も、きわめて個人的な見解を直截的に申し上げることはお約束申し上げます。

また、多くの流派やスタイルに入門して学ぶ代わりに当コースに参加いただくことで、一気に短時間でご興味の対象である歪み解消の技術のみを身に付けていただけ、その学びの過程では理論的背景や技術に共通する基本原則と考え方を比較というもっとも分かりやすい方法で深くご理解いただけるはずです。

ご興味をお持ちくださった皆さまには、ぜひお問合せいただければと思います。

⇒ お問合せ・ご相談はこちらへ

ご希望により、矯正のために必要な施療用の押圧とストレッチングの基本技術、またはその両分野の技術をプラスした2日で合計10時間、または3日で合計15時間のコースの開催も可能となっております。

詳細は、ご相談いただければと思います。

 

受講料金:

各コースの受講料金は参加ご希望の皆さまおひとりおひとりで個別にお問い合わせください。

参考のための目安を申し上げると、個人セミナーのばあい、教授時間1時間1万円となります。

そこに1日あたり1〜2時間の無料実技復習が加わります。

目安の受講費は基本コースで7万円、2日で12万円、3日では17万円となっております。

複数割引:

複数の人数でいっしょにお受けいただく場合には人数により割引がございますが、その割合はコースと人数により異なります。

ですが、セミナーのテーマに付いては、火水流整体術院の技術と理論のすべてを隠すことなくご教授申し上げるだけでなく、学んだことすべてを身に付けていただきたいので、セミナーには上限人数を設け、個人ではない場合でもきわめて少人数と制限させていただくことをご了承ください。

再受講に付いて:

今までのところ個人セミナーや少人数のセミナーの参加者の方で再受講という方はいらっしゃいませんでしたが、再受講は個人指導の2時間単位で、1回12,000円と施療をお受けいただくのとほぼ同じと、お得な料金を設定させていただいており、セミナー受講より1年間承っております。

 

⇒ お問合せ、ご相談はこちらへ

⇒ セミナーのお申込みはこちらから

⇒ 他のセミナーに付いてはこちらへ


▲このページのトップに戻る