脊髄反射の個人セミナー内容のご紹介

脊髄反射(せきずいはんしゃ)の個人セミナー内容のご紹介

 

脊髄反射(せきずいはんしゃ)コース(全2回から3回)

対象となる皆さま:

記事用骨格・筋肉図入り上腕三頭筋伸張.jpg・リラクゼーション系、スポーツ系、治療系、広い範囲*1でどうじに多数の筋肉を伸ばす系統のストレッチを学んでこられた方々

・実際にお仕事としてその系統のストレッチを実施なさっていらっしゃる皆さまや柔軟(じゅうなん)・ダンス・コントーションなどの指導者の方々

・ストレッチ時に大多数には効かせられるが、中に効かせられない人がいるので何とかしたいとお考えの方

・“ご自身で力を入れているのが分かっているのに力が抜けない”、あるいは“本人は力を入れているつもりはないというのに力が入りっぱなし”というお客さまにストレッチを効かせたい方

・トリガーポイント療法や筋膜ストレッチで結果を出しているが、筋肉や筋膜の広範囲での短縮や緊張の取れないとお困りの方

・脊髄反射は利用しているが、その危険性を回避しきれず不安であり、効果と安全の両方を求めていらっしゃる方々

・脊髄反射を利用したセラピーの基本は習ったことがあるが、お客さまの体を壊したり病気にしてしまうのが怖くて使えないとお考えの方

記事用筋肉収縮の種類 記事掲載用.jpg・PNFやMETを独学なさったり、基本を学んだが、実際の施療や運動指導の現場でお客さまに使えないとお困りの方

火水流整体術初傳:押圧・伸張整体1年コースの修了者の皆さま*2

・火水流整体術中傳・奥傳(ちゅうでん・おくでん:セカンド&マスター):関節内部機能回復調整法・脊髄反射1年コースを修了の皆さま*3

*1例えば、太ももの前とか内側、あるいはふくらはぎ全体といった対象部位を狙ってストレッチなさる系統のこと。

2* 火水流整体術中傳・奥傳へと進まれずに、当コースで学ばれる場合には大幅な受講割引がございます。

3* 中傳・奥傳コースの復習コースの内容の一部の復習コースとしての扱いですので、さらにお得な受講費の設定となっております。

 

内容(抑制と促通)

記事用中殿筋筋個別伸張法モザイク入り大.jpg筋肉の弛め(ブレーキの解除=ゆるめ=抑制)

3種類の脊髄反射原理と3種類の筋肉の収縮形態の原理と理論。

この3つの反射と3つの収縮形態を施療時に組合せることで、

≪力を抜こうと思っても抜くことができない≫お客さまだけでなく、≪本人には力を入れているつもりは全くない、無意識に力を入れている≫お客さまの力を一瞬で抜かせてしまう

具体的な数種類の反射を利用した技法群の選び方とその具体的な技法を覚えるだけでなく身に付けていただきます。

 

脊髄反射(せきずいはんしゃ)に付いてご存知の方の中には、バルサルバ効果起因の心臓や脳へのその場で、あるいは慢性的な障害を生じさせる危険を心配なさったり、その理由で使用を止められる方もいらっしゃいます。

個人的にも他団体での2つの事故の実例を存じ上げており、且つ確認(=目撃)いたしております。

しかしながら、当院ではそのような事例や危険性を感じたことはございません

火水流整体術でもっとも重要視しているのは安全性ではありますが、長い施療経験により、脊髄反射の4段階全てにおいても、安全性とその高い効果を同時に得ること可能とする技術が理論と実技の両面で確立しております。

当コースで身に付けていただいた具体的な技法群はそのままでも、またご自身で応用なさった形態でも、安心してお客さまにご使用いただけます。

また、マスターしていただいた具体的な施療方法のテクニックの数々を用いて、ご自身でその原理と理論を応用なさることでご自身でオリジナルの施療技術を発展させていただけるのも当コースの特徴です。

 

筋肉の動きの活性化(スピードアップ=促通)

記事用HamRPISpRef.jpg筋肉の反応を早くすることで動きやすく、かつその動きのスピードもUPさせる実際の技法である促通(そくつう)の基本。

ストレッチにより動作のブレーキとなってしまっている筋肉の動きを抑制する、つまり“おさえる”ことでブレーキを解除し、どうじにアクセルとなる反対側の筋肉の動作を早く・大きくするため行う施療。

これによりストレッチだけを行うよりも、数段の動きの改善が見込まれるのです。

 

また、本来人間の体がもっとも動きやすい≪斜め≫≪らせん≫の動きをシンプルにまとめた動きのパターン(=DSパターン)を利用した、抑制と促通の組合せによる自然な動きの改善も学びます。

具体的には、この筋肉の動きの活性化だけではなく、ストレッチを行う時点でもこの≪斜め≫と≪らせん≫の動きのパターンをもちいることで広範囲での筋肉群のゆるめが可能となるのです。

 

ちなみに、当院の通常の施療の中でも、必要な場合にはこの≪斜め≫と≪らせん≫の動きの中でのストレッチを用いております。

 

受講料金:

各コースの受講料金は参加ご希望の皆さまおひとりおひとりで個別にお問い合わせください。

参考のための目安を申し上げると、個人セミナーのばあい、教授時間1時間1万円となります。

そこに1日あたり1〜2時間の無料実技復習が加わります。

目安の受講費は15万円となっております。

複数割引:

複数の人数でいっしょにお受けいただく場合には人数により割引がございますが、その割合はコースと人数により異なります。

ですが、セミナーのテーマに付いては、火水流整体術院の技術と理論のすべてを隠すことなくご教授申し上げるだけでなく、学んだことすべてを身に付けていただきたいので、セミナーには上限人数を設け、個人ではない場合でもきわめて少人数と制限させていただくことをご了承ください。

再受講に付いて:

今までのところ個人セミナーや少人数のセミナーの参加者の方で再受講という方はいらっしゃいませんでしたが、再受講は個人指導の2時間単位で、1回12,000円と施療をお受けいただくのとほぼ同じと、お得な料金を設定させていただいており、セミナー受講より1年間承っております。

 

⇒ その他の個人セミナーのコースに付いてはこちらへ

⇒ お問い合わせやご相談はこちらへ


▲このページのトップに戻る