T.痛みの解消:とにかく、痛みを取り去る

脊柱間狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とヘルニア、そしてそれらが原因となり引き起こされた多くの症状により、寝ているとき以外はすべて苦しめられるという生き地獄(!?)を体験させられた私だからこそ、あなたの痛みの恐ろしさと痛みに対する恐怖感、またその次に来るものの怖さまでもが理解できるです。
 

まず最初に痛みを消すこと。これが全てに優先しなければなりません。

そくざに当方が実施いたします。お客さまは、リラックスして横になっているだけ。

バキバキやボキボキはやりません。
 

武術の技法を応用することで『力を体の深い部分にだけ伝えているため、痛みを感じさせないで済む』というのがその理由。
 

関節内部機能回復改善調整法という『関節自体に対して直接的にアプローチする技術』を使いますが、今までに痛みをうったえられた方は2名のみで、それも一瞬の間だけでした。
 

「当院の施療は“信じる・信じない”とは無関係」と申し上げる理由は、この段階にあります。
 

一番気になっている問題点、解消・完全改善なさりたい“痛み”を数秒から数分で、お体でじゅうぶんに実感できるレベルまでおおはばに改善、あるいは解消させていただいてきた実績がございます。
 

一度、お体の状態やお困りの点についてご相談ください。

 

→ お悩みの問題点のご相談やご予約はこちらへ
関節内部機能回復調整法についてはこちらへ

▲このページのトップに戻る