一味ちがう “姿勢と≪腰痛・肩こり≫の関係

一味ちがう “姿勢と≪腰痛・肩こり≫の関係

 

≪姿勢が悪いと肩こりや腰痛になる≫という考えは、一般の方にとってもすでに常識

 

私も整体に専念するずっと前、少なくとも40年以上はそう考えつづけています。

 

でもその逆である≪腰痛や肩こりの原因はすべて姿勢であるという考え≫には反対

 

姿勢以外にも腰痛と肩こりの原因はたくさんありますから。

 

ここで本題です。

 

信じられないかも知れませんが、性格的に真面目な方に多いのが、≪良い姿勢を取ろうと努力することで肩こりや腰痛を悪化させてしまう≫というケース。

 

これはとにかく多い。

 

≪“姿勢”と“肩こり・腰痛”の間で負の連鎖(ふのれんさ≒悪循環)に陥る≫というご自身ではほぼ解決が不可能な状況に直面する方もたくさんいらっしゃる。

 

姿勢など一切気にもとめない怠け者(?)よりもずっと悪化のスピードは速いのです。

 

ご自身で気付いていないだけで、すでにこの悪循環に陥りながらも姿勢の自己流の矯正(きょうせい)に腐心していらっしゃる方は多いというのは残念のきわみ。

 

当院でもダントツに多い、“≪猫背+腰が曲がり気味≫は悪い姿勢であり肩こり・腰痛の原因であることを常に意識し、≪背筋を伸ばして胸を開く≫という横にも縦にもきちんと正しい姿勢への習慣づけをする”というどう考えても正しい努力をつづけたため、逆に肩こりと腰痛の両方が悪化してしまうというケースを叩き台にしてご説明申し上げます。

 

背筋を伸ばすだけでもなく胸を開くだけでもない≪背筋を伸ばして胸を開く≫という行為は間違っているのでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

では、なぜ正しい姿勢を取り続けてそれを習慣づけようと頑張ったことが肩こりと腰痛を悪化させてしまうのか?

 

正しい姿勢を取れないようにブレーキがかかっているのに、そのブレーキを外さぬまま、アクセルをエンジンの限界ギリギリまで踏み続けるから≫。

 

アクセルを踏み込んでいるのにスピードがあがらないというところで気が付けば良いのですが、昔の私もそうでしたが、ほとんどの人は気づかない。

 

真面目なひとは、正しい姿勢がとりにくいと思いながらも、よりいっそうの努力をして正しい姿勢を取ろうとよりいっそう努力してしまう。

 

頑張り続けるうちに、ブレーキは熱を帯び、最後には焦げ臭ささが車の中に充満する。

 

そう、肩こりと腰痛がひどく悪化してやっと気づくという寸法。

 

ここでは、“ブレーキ”の分かりやすい例を申し上げます。

 

記事用椅座位悪い姿勢.jpgご自身がデスクの前の椅子に座って、パソコンの画面を見たりキーボードで入力をしているときの状態、というかそのときの姿勢をイメージして横の写真と比較してください。

 

一般的な悪い姿勢を大げさに再現した正座とあぐらの写真と座り方の同じ間違いを日常レベルでとらえた写真の3枚です。

 

目を引くのは≪背中から腰までが前に曲がっていること≫≪両肩が前に出てしまっていること≫、そして≪首は逆に後ろへと曲がっていてアゴが上がってしまっていること≫の3つ。

 

記事用正座位悪い姿勢.jpgこの症状は結果であり、原因は3つの広い範囲にかけられているブレーキ。

 

≪背中から腰までが前に曲がっていること≫は、体の前の筋肉:腹筋と胸の筋肉

 や脚を骨盤にくっつけている筋肉などが縦方向へとちぢんで体を縦に前へと引っ張っているから。

≪両肩が前に出てしまっていること≫は、胸の上の方の筋肉と肩の前の筋肉と肩甲骨の内側のきわからスタートし肋骨の間を通って肋骨の横についている筋肉が横方向に縮んで肩と背中の両側を前に引っ張っているから。

 

記事用悪い姿勢胡坐位.jpg≪首は逆に後ろへと曲がっていてアゴが上がってしまっていること≫は、首の

後ろと横にたくさんある筋肉が縮んでそれぞれが下や後ろへと縦方向に頭を引っ張っているから。

目に付きやすいブレーキだけでもこんなにたくさんありますし、これ以外にも当院の施療で解除してるブレーキは小さいものがとても多くあるのです。

 

このように体を前に曲げさせて悪い姿勢を取らせている多くのブレーキに、背中から腰までの広い範囲の筋肉の力を使って無理矢理に対抗しようとしているのが正しい姿勢を取ろうとする努力。

 

背中から腰までの広い範囲で不自然に大きい力を常に出し続けていれば、今度は背中側の広い範囲にある多くの筋肉も縮んでしまい、目が覚めている間はずっと疲れさせつづけてしまう

 

そのうえ、この筋肉が緊張して縮んでいる状態が長期間つづけば、これは癖になってしまう

 

不自然な状態なのに、体にとって自然な状態だと脳のある部分でスイッチが入ってしまうと、力を入れているということさえ感じられなくなる。

 

≪無意識のうちに、つまり力を入れているとか入っているとかなど感じることなく、ずっと力を入れ続ける≫という刷り込みというかプリンティングというか、癖が付いてしまったということ。

 

当然ですが、肩こり・腰痛は悪化の一途をたどるということになるのです。

 

いかがだったでしょうか?

 

真面目であるがゆえに姿勢を正そうと努力をつづけた結果、腰痛と肩こりが悪化してしまっただけでなく、この今現在も悪化させ続けていらっしゃる皆さまにお読みいだだけることを願って記しました。

 

最後になりますが、さまざまなセルフケアを行ったり療法や施療や施術や治療を受けた後、当院と出会うまで苦労なさった当院のお客さまで多かったご職業を可能な範囲でご紹介いたします。

 

30代前半で入社以来ずっとデスクワーク一筋のサラリーマンの方やデザイナープログラマー歴10年以上というパソコンの画面に集中して、毎日、長時間連続でのお仕事を長期間つづけて来られたお客さま。


長時間連続の運転が多い営業の方、プロの長距離ハイウェイバスの運転の方、 旅客機のパイロットの方など姿勢が命の危機に直結し、かつ強い精神的ストレスにさらされっぱなしだったお客さま。


飲食店やバーやカフェバーなどで接客のお仕事を日々つづけていらっしゃるお客さま。

 

もし、これらのご職業や似たような環境で働かれていて、かつ姿勢を正そうという意識を持って努力しているのに腰痛・肩こりが悪化してきて困っている方がいらっしゃれば、根本原因と間違って付いてしまったお体の癖の解消まで責任対処している当院までご相談いただければと思います。


⇒ お問合せ・ご相談はこちらへ

 

 

▲このページのトップに戻る