一般的なスタイルのストレッチングもご指導

当院の施療においては、ひとつひとつの筋肉を伸ばすようにいたしております。
場合によっては、ひとつの筋肉の真ん中部分を伸ばしたり、体の中心に近い部分、あるいは遠い部分を狙(ねら)ってストレッチングしているのです。
(かた)くなってしまっている問題の部分をストレッチングする方が、痛みの改善や筋肉の調整のために効果的だからです。

もしそれが無理ならばできるだけ少ない数の筋肉をストレッチングするよう心がけているのです。

そのためでしょうか? 一般的ではない、いわゆるマニアックな筋肉のストレッチングばかりをご指導させていただいているといった誤解があるようです。

定期メンテナンスコースにおいては、ご希望により、なさっていらっしゃるスポーツや武術・武道のパフォーマンス性を上げる目的で、一般的なストレッチングをご指導申し上げることもございます。
下記の4つのストレッチングは組み技系の現代武道修行者の方へのじっさいの指導時の写真です。

同じ筋肉に対するばあいでも、立ったまま、椅子に座って、あるいは床や地面に座ってという3つの姿勢の中からお選びいただいております。
ストレッチポールやフォームローラー、そして家庭用ストレッチング用具を用いての手法も、必要とあらばご紹介いたしておりますので、指導中にお知らせください。

もちろん、書籍などでは解説されることが少ない、でも重要なポイントやコツに付きましては細かくご説明申し上げていることはいうまでもありません。

セルフストレッチングや他人に対しておこなう施療的なストレッチングに付いてのご指導をご希望の方がいらっしゃいましたら、お問合せフォーム、またはメールにてお問合せください。

→ お問合せフォームはこちらへ

腓腹筋(ひふくきん)
 
ひらめ筋
 
ハムストリング
 
広背筋(こうはいきん)
腓腹筋ストレッチング.jpg   ひらめ筋ストレッチング.jpg   ハムストリングのストレッチング.jpg   広背筋ストレッチング.jpg

この筋肉は双子筋(ふたごきん)とも呼ばれ、外側と内側に分かれています。
この写真では、一度に両側2つの筋肉を伸ばしています。

 

左側の腓腹筋の奥にある筋肉で、ムニエルで有名な“舌ビラメ”の形に似ています。
膝を曲げることで表面の腓腹筋がゆるみストレッチングできるのです。

 

ハムストリングという膝を曲げるのに使われるため、大腿屈筋群(だいたいくっきんぐん)とも訳されている太もも裏側の4つの筋肉を伸ばしています。

 

ボディービルのポーズで有名な腰に拳をあてて肘を張ったときに上半身を逆三角形に見せてくれる筋肉である広背筋の右側を伸ばしているところです。

▲このページのトップに戻る